☆.。.:*・゜(( ちゃりんこ ))☆.。.:*・゜

★日々の気ままな事を気ままに書きつけるメモ用紙です。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

★ 宿根朝顔が咲いた!

ほん1

秋口まで咲く宿根朝顔がやっと咲きはじめたほっぺ6

何とか蔓も2Fベランダまで伸びてとりあえず3輪咲いているのを発見んっ2



アサガオ蔓2



グリーンカーテンの裏側から咲いている処を撮ってみたんっ2



アサガオ花



そして表側から…んっ2



アサガオ花2



これは房咲きの種類なのだけど普通の朝顔とどう違うのか今の処分からない汗3



もう結構前の事だけれど…

“カインズ”というホームセンターでカンテラを購入したほっぺ5

昼間 太陽光で充電し夜になると明かりがともる…

これが結構明るいので私的にはかなり気に入っているOK



kanntera2.jpg 矢印 kanntera 3

 

う~~~んっ!

やっぱり写真だとイマイチかな!ほっぺ7汗3

このカンテラ 今我が家の庭に3個おいて有る…

結構明るく庭を照らしてくれているほっぺ6OK2




スポンサーサイト

このページのトップへ

★ 浜離宮恩賜公園その2

ほん1

御伝い橋を渡って後ろを振り向くと中島の御茶屋が遠くに見えたほっぺ6



おつたいばし



総檜造りの橋とはここで御別れ。。。

目の前にある休憩所で一休み…



休憩所



…と思ったけどコンビニで買ってきた御水がまだ充分残っているので逆の方向に向かった

そこは“鴨場”だったほっぺ5

一瞬 小さな古墳?…と思える様なこんもりとした土の山が現れたほっぺ10



鴨小覗き



そして、もう一つ…



鴨小覗き2



この裏側はこんな風になっていて…



小覗き(裏)



前面の切り立ったような処にはこんなものが…



鷹



そして、こんな図解入りの説明が…


鴨猟



鴨場2



そしてもう少し奥に行くとこんな小さな小屋のようなものが…



覗き舎2



中に入ってみるとこんな様子だった…



taka



小屋の穴から外を覗いてみた…



覗き窓



そしてもう一つ説明書きが…



鴨場説明



前のと同じような案内だけどこの辺一帯が鴨や鷹の狩り場だったんだという事だほっぺ6

少し戻ろうと歩きはじめた所でこんなお花を見つけたほっぺ5



恩賜庭園花



花(恩)



チョッとピンボケだけど実はこの花あるお城で見た事がある…

武家とか武士に関係のあるお花なのだろうか??

そう言えば御伝い橋を渡り始める手前の小島に立派な藤棚が有ったほっぺ6



藤棚4



逆からみるとこんな面白い形をしていた…



藤棚3



奥の方に通り過ぎてきた中島の御茶屋が見えるほっぺ6

そうそう!休憩所のはす前にも「松の御茶屋」と言う建物が有った…


建物1



建物2



今は使われていないそうだけど…

ここから見る景色も格別だったんだろうなぁ~!ハート3個



帰りはこの浜離宮から出ている船に乗って帰る予定でいたけど…

少し遅れてしまったので慌てたほっぺ7

走って走って何とか最終便に間に合ったほっぺ2汗3

これで浅草までは確実に帰れるほっぺ8


汗を拭き拭き船内に席を取り乗り込んできた桟橋にお別れをした



日の出桟橋2



そして浜離宮を出てきたゲートがだんだん遠ざかって行き…



ゲート2



遠くにレインボウブリッジが見えたほっぺ6



reinnbou



やっと落ち着いて船内の様子をんっ2



船室



船内



最近船に乗ってなかったので結構新鮮な気分だったほっぺ6

そして船の外は…



ウォーターフロント



まさに大都会!「ウォーターフロントシティー」が海の上に浮かんでいたほっぺ1OK

ハート3個

このページのトップへ

★ 浜離宮恩賜公園その1

ほん1

少し前急に思い立って “浜離宮” に行って来たほっぺ1

浜離宮恩賜公園…江戸時代の将軍の別邸として使用されていた時は

“浜御殿”と言ったらしいほっぺ5

浜離宮と呼ばれたのは明治時代になってから皇室の離宮として

使われるようになってからだそうだほっぺ6

そして、昭和20年頃東京都に払い下げられ整備されたうえで

『浜離宮恩賜公園』 となり有料公開に至った様だほっぺ5

おおもとは 甲府藩主松平家の江戸下屋敷として建てられたのがはじまりだそうだほっぺ5


山手線浜松町駅を降り少し歩いたところでコンビニによってお水を調達した。

外に出てお水を一口含みながら空をあおいだら…

もうそこには都会の洗練された匂いがぷんぷんと漂っていた。



モノレール



モノレールと高層ビル!そして青い空!

まさに すがすがしい都会が天空に広がっていた!ほっぺ6

そして、公園入口までの通路に沿って堀が続きその橋げたには

白い貝の様なものがこびりついていた…



橋げた2



昔 公園内の“潮入の池”には人工的に海水を引き込んでいたそうだけど

その池に行くまでもなく早ここで海が連想できてしまうほっぺ6

振り向けば たった今通り過ぎてきた高層ビル群が…



ビル群



前を向けば橋げたの貝殻が…

このギャップが何とも面白いほっぺ3OK


そうこうしているうちに入口近くまで来た…「なかのごもんばし」



門



「おおてもんばし」…から入りたかったと一瞬思った汗3

中に入ると 意外と人の姿がなくチケット売り場まで殺風景な空間が広がっていたまさよ



門内




受付の年配の紳士からチケットを購入し いよいよ『浜離宮恩賜公園』巡回開始!

大きな木々の下は太陽の光をさえぎってくれるので快く歩けた音符5

途中「馬場跡」の立て札を右に見てチョットばかり江戸の雰囲気を感じながら

左を見ると もう早こんな綺麗な景色が目に飛び込んできた!ほっぺ1



新旧建物



ビルと茶屋




この池は「潮入の池」と言って 右に見える古い建物は

この池に浮かぶ「中島」という島の上にある御茶屋だほっぺ6

やはり後方の高層ビル群とのコラボレーションが何とも言えなくいいほっぺ1

早速 中島に架かる長い橋を渡ってこの建物に近づき何枚か写真を撮ったんっ2



まずはこの長い橋と「中島の御茶屋」 んっ2



茶屋



そして 御茶屋内部を外から んっ2…(中央の階段がお客さんの出入り口)

お茶屋



そして横に有るこじんまりとした庭 んっ2

お茶屋脇



最後に後方(裏)から んっ2

茶屋裏



この建物は 昭和58年に復元されたものだそうだけど…

遠い昔ここで徳川将軍や公家が休憩をしながら潮の満ち干によって変わりゆく風景を

堪能していたそうだほっぺ6
現在はここで抹茶と和菓子のセットを有料で楽しむ事ができる春2

そして この脇にはこんな可愛らしい太鼓橋も有った音符5



太鼓橋



富士さん



石富士が有って豪華な衣装を着た御姫様が似合いそうな太鼓橋だほっぺ1


さて! ここから又別の長い橋を通って向こう岸に渡る事になるほっぺ5



御茶屋の後方に伸びている橋 んっ2

橋



この池にかかっているすべての橋の長さをたすと全長118mで総檜造りだそうだほっぺ10

さすが高貴な方がお通りになる橋だほっぺ8。。。



ここまでで結構長くなってしまったので又明日続きをアップする事にするほっぺ7汗3



お茶屋看板



螟ァ_convert_20130717185851setumei








このページのトップへ

★ グリーンカーテン

ほん1

今月の4日に植えたプランターの朝顔がだいぶ成長してきたほっぺ1



7月4日
アサガオ



7月22日
アサガオ2



なんちゃって!汗3

後ろに部屋が有るのでモザイクをかけてみたけどこれでは分からないほっぺ8

チョッと斜めから撮ってみたんっ2



あさがお4



何とか“グリーンカーテン”なるものが出来上がりつつある…と思うほっぺ6

これで去年より照り返しの暑さを緩和出来るかも…ほっぺ5

でも 同じ種類の苗を6つ買ってきたつもりが…

葉が3種類に別れているほっぺ2



宿根1  宿根2  房咲き



真ん中が一番勢いが良くて左側は押されぎみ…

そしてもう一つは同じ朝顔でも房咲きの朝顔だったほっぺ3汗3


どれにも同じ栞が 栞 付いていたのにほっぺ7もう~

苗の時期としては少し遅くなってしまったので慌てて購入した結果かしら?…まさよ

でも 房咲きの朝顔なんて知らなかったし別の種類が楽しめるのならそれもよし!音符5




それから分からなかった植物の名前が分かったほっぺ5


7月3日
何? 


これ「ヤマゴボウ」って言うそうだほっぺ6

コメントの中にこの植物の名前を残して行って下さった方に感謝!ほっぺ1

そして このヤマゴボウも今はこんなに成長した…



7月22日
ヤマゴボウ2



ヤマゴボウ3



可愛らしい花が咲いているけど 実がなるのかしら!…

突然使っていないプランターから目を出してきたのでどう扱っていいか分からないほっぺ10汗3

それからブルーベリーだと思っていた野イチゴも以前より熟してきたようだほっぺ6


7月4日
ブルーベリー実 矢印 



7月14日
野イチゴ? 矢印 



7月22日
野イチゴ4



全体が真っ黒に色づいてくると頂き時だほっぺ3ハート3個

もう少し我慢がまんまーく




        夏29




     帯5










このページのトップへ

★ 思わぬ池袋散歩

ほん1

昨日、池袋(東京)の街を歩き回った

その日仕事が入っている(シフト)と勘違いしての池袋行きだったハテナ9

家を出てからハタと気が付きどうしたものかと戸惑った涙5

結局、自然と足は駅の方に向い池袋行きの急行に乗ってしまった目玉2

到着したもののどこに行くあてもなく駅の近辺を歩き回る羽目になった汗3

ぐるっとひと廻りして再び駅の近辺に戻って来た時 細い階段が目に留まっため

「どうしてこんな処に階段が?」…と思うと気になり登ってみることにしため8

上まで行かずとも階段の途中で分かった…そこが自転車置き場になっている事が目玉5

駐輪マシーンが有って自転車が少し遠くに見えため8



駐輪場



このすぐ隣には線路があって入れ替わり立ち替わり電車が入ってくるめ4

線路脇のデッドスペースになるのかもしれない隙間を上手に使っていて…

関心をしてしまっため9OK

この高い塔は近づいてみたら清掃センターの塔で大きな建物だった目玉6

そして、上った時の逆の階段から下りた処にこんな建物がこじんまりと立っていため



四面塔尊



この建物の名前は「四面塔尊」と言うらしい目玉3

徳川の八代将軍吉宗の頃 この近辺に夕方になると追いはぎや辻斬りが出没したそうだどくろ2

享保6年の夏に一晩で17名の人達が辻斬りにあいその残骸が発見されたため…

村民有志64名が法明寺第22世の御坊様に供養をお願いし…

その時この石塔を建立したそうだめ8

その後は追いはぎや辻斬りは無くなって平和が戻ったそうだ目玉6

又、この四面塔尊は人々の道しるべとしても使われていて…

右側面は⇒板ばし道  左側面は⇒高田雑司ヶ谷道

として道行く人々の安全にも活用されたそうだ目1


そして、もう一つこの並びに水天宮が やはりこじんまりと鎮座していた目玉5



水天宮



これも説明書きを見るとここに治まるまでには長~い歴史があって…

当時の日本が源氏と平氏に別れ争っていたその最後の決戦の場…

「壇ノ浦の戦い」迄 さかのぼるそうだめ

この戦いで敗れた平家の安徳天皇・安徳天皇の祖母建礼門院

そして平の清盛の妻で建礼門院の母… 

この三者の霊をお祀りしたのが創らしい目玉6

もともと筑後川のほとりに祀られた水天宮を 当時の殿様が参勤交代で江戸にいる時

郷土の安全を祈って分霊し江戸に屋敷きの方に祀ったらしい目玉6

更に歴史の中で数回居場所が変遷しながらも日本橋に落ち着き…

そこのお札を頂いてこの池袋に祀ったのが池袋の水天宮の始まりだそうだめ9



都会の雑多な中にこんな建物を見るとついついそのギャップから興味をそそられてしまうねこ3

だいぶ足も疲れてきたので汗3お茶をしに駅構内に戻った秋11

後はブラブラ歩きながら見付けておいたお店によって帰ることにした目玉3


そのひとつは理容店目玉3

お店の前を通った時「 顔そり¥1000 → 女性も可 」…という看板を見逃さなかった目玉6おんぷ

子供の頃 親に顔そりをしてもらっていたけど大人になってから顔そりをした事がない…

一度理容店の繊細な剃刀で顔をそりをしてみたかった目玉6

髪も10cm切ってシャンプーもしてもらった目玉6

首から上がとってもすっきりして気持ちがいい!音符3


あとひとつは整体の店目玉3

もう長い間腰痛が有って整形外科に通っても続かなかった汗3

思い切って帰りに寄ってみることにした目玉6おんぷ

左足の付け根も動きようによっては痛くて長い間歩くとつらかったので

その事も整体士さんに話して良しなに治療してもらた目1

何と!ここに来るまでは少しびっこを引いていたのに…

終わって帰るときは痛みも無く普通に歩いて帰れたのにはビックリ!め

ここの整体士さんの処少し通ってみようかと思う目玉3



おかげさまで首から上も首から下も…スッキリ ハテナ8 OK2





    帯7














このページのトップへ

★ イチジクとノーゼンカズラ

ほん1

イチジクをつつきに鳥が頻繁にやってくるので試しにティッシュペーパーを被せてみた目玉3

雨が降ればすぐとれてしまうかもしれないけど…と思いながら…目玉6



イチジク紙2



予想に外れずやっぱり雨が降った雨2

でもティッシュペーパーはしっかりとイチジクにへばり付いていて大丈夫だった目玉3

そして何日か暑~~い日太陽が続いた…

ここの処いやに鳥たちが騒がしく気になってきたのでめ9イチジクの様子を見に行った…

「あら~~~~っ!めやっぱりね~~~~っ!」



イチジク3



紙の上からしっかりと食べられていたがっかりe

でも もう片方のイチジクは私の胃の中にしっかりとおさまっている目玉6



イチジク4



甘くておいしかったっ!目玉3OK2


庭ではノーゼンカズラが綺麗に開いてめ9



ノーゼンカズラ3



白の八重咲きのムクゲが咲きはじめていたハート3個



ノーゼンカズラ八重



mukuge



あまり綺麗な八重ではないけど毎年こんな感じだ…め8汗3


もう一つ気になるものが…め

だいぶ背丈が伸びて…め8



雑草?



花らしきものが出てきたけど…め



雑草花?



今だに何の植物だかわからない!目玉2e





夏37    夏19
           

このページのトップへ

★ ブルーベリーとトンボ

ほん1

少し前にアップしたブルーベリーの実がほんのり色づいて来た目玉3ハート

…けれど、どうもこれが“ ブルーベリー ”でなく“ 野イチゴ ”の種類らしいのだどくろ2ハテナ9
 
10年前確かに栞にブルーベリーの説明がなされた苗を買ってきたのだけれど…がっかりe

それにしてもこんなにも長い間気付かずにいたなんて!…がっかり汗3

少し前にアップしたブルーベリー…いや“野イチゴ”の写真をしげしげと眺めため2もう~



野イチゴ?3



しばし、PCの前で固まっている自分がいた…「あなた誰?」…と問答をしながら目玉2汗3

そんな私の目の前を黒いものがひらひらと静かに通り過ぎていっため

そして、レースのカーテンに止まった…『トンボだ!』目玉5

急いで部屋のドアを閉めカメラを手にトンボに近づいため9

狭い部屋の中でひらひら逃げる廻るトンボとの格闘が始まっため4

少し前まではブルーベリーの事で頭がいっぱいだったのに…

その時はトンボでいっぱい…め8汗3

でも、その結果何枚か撮れた目玉3OK2

まずはこれ!



tonnbo.jpg



そして次はこれ! (羽を開いたところ…このタイミングが難しかった)



トンボ17



そしてそして次はこれ!(少し色がわかる)



トンボ2



そして今度は宙づりのトンボ!



トンボ6



そして、こちらは頭打ちのトンボ!



トンボ18



なんて細長い身体でスリムなんだろう…羨まし~~い!目1
 
スリムと言えばこちらも細い!め9



トンボ12



構わずシャッターをカシャ!カシャ!切っていたらこんな面白い形のものも…



トンボ9



頭と羽と身体とどうなってるの?…



トンボ13



折れている様な羽とピンと張って一本の棒のような身体が対照的…め8

後はチョッと映像的に遊んでみた目玉3音符3

その1! め9




トンボ14



その2! 目玉6



トンボ11



その3! 目玉3



トンボ16



私、こんなにトンボ好きだったっけハテナ目玉2汗3

外に誘導してあげようと思い網戸を明けたら逆に網戸と硝子戸の間に逃げ込こんで

羽だけ少し残してこんな状態に…



とんぼ3



でも最終的には外に出ていったホコリ

やっぱり外が似合う目玉3




トンボ1





処で、ブルーベリーと野イチゴの本題に戻らなければ…ねこ3ねこ3ねこ3

10年間もブルーベリーと思い続けてきた野イチゴが…がっかり汗3

我が家の庭でうっすらと色づいて来ている目玉6OK2。。。



野イチゴ?





     

                       夏 









このページのトップへ

★ 久々の散歩♪♪

ほん1

最近散歩から遠のいていたので暑いと思ったけど思い切って出かけてみた目玉3おんぷ

コースはいつものコースで散歩道の切れ目にお花が植えられているのでそこを目指したはー

何度位有るのかなぁ~~??太陽 とっても暑い!!め5汗3

帽子だけでなく…どうして日傘も持ってこなかったのかと後悔しながら歩いた

太陽 
            
 夏22  汗3



到着!…したけど…思ったよりもお花が少ない目2

でもどなたがお花の世話をしているのか綺麗にととのえられていため9OK2

これ白鳥草かなぁ~~め



CAX792PY.jpg



白鳥草



いかにも人の手が掛けられている…という感じもいいもんだなぁ~め9ハート3個

…と思いながら眺めていた目1

風車
    目玉9風車を連想させるようなコスモスが一輪…   音符3   風車




コスモス



空中に浮いているようで風が吹けば今にも廻りだしそうだめ9



コスモス2 コスモス4 3連風車おんぷ春



黄花コスモスも仲間入り?音符5音符5



黄花コスモス



「えっ!キキョウも?目玉5



kikyo.jpg



「まっ!いっか!汗3

比較的 細長く仕立ててあるので“ 青空と花 ”と、勝手に題して…

本の栞を作ってみたくなったハート



栞2  SIORI.jpg
 


SIORI2.jpg … なんちゃって! …うまくいかない目玉2汗3まさよ



3番目の栞(とりあえず…)は グラジオラス目玉3

子供の頃はよくみた花だけど最近では結構珍しいはー

散歩道には小花をつけた這い性の植物が目一杯せり出していた目玉2



KOBANA2.jpg



この小花の上に 或るものを発見!!目玉5



蜂



蜂7…そう、蜂だ目玉4汗3

よく目を凝らしてみると蜂があちこちに何匹も飛んでいた涙5

さされる前に気がついて良かった目2OK

足早でそこを通り過ぎホッとしている処に 今度は目の前をひらひらと蝶ちょがめ

蝶にさされる事は無いので 今度は逆にどうしても一枚撮りたくてしつこく追い回しため9

廻りからみるとその姿はまるで蝶に遊ばれているように見えたと思うけどめ4

何とか執念でカメラに収めたカシャんっ2



蝶ちょ



満足!満足!目玉3音符5

もう一仕事終えたような気分になって あとは行き当たりばったりで撮った目玉6

(今までも行き当たりばったりだったけど汗3

とっても可愛かったポーチャラカ目玉6



ポーチャラカ2



ポーチャラカ



松葉牡丹が爽やかなブルーの小花と共に咲き乱れていた目玉3



花2



松葉



そして ハーブだと思うけど花の名前が分からない(忘れた…)汗3



HABU2.jpg


ピンボケッ!汗3



HABU3.jpg



これもハーブ?目玉2(みたい?…)

そして散歩道を少し外れた所に我が家にはない一重の白のムクゲが咲いていため9



ムクゲ3




ムクゲ白



とっても清楚でいい感じ!目玉6

かなり暑かったけど爽やかな気分で家にたどり着いた目玉6

そして我が家の庭ではピンクのムクゲの花が綺麗に開き私を迎えてくれた目玉3ハート



ムクゲピンク



日焼けした肩がひりひり痛かったけど気分は爽快!目玉6夏30


                  夏31






このページのトップへ

★ 表参道散策

ほん1

先日友人に誘われて原宿の表参道に行って来た半顔4

表参道は仕事で何年か通った事が有るのでとっても懐かしかった半顔

友人の用事がすむまで私はフリーなので一人この思い出のある表参道を散策半顔2

以前と違いだいぶ様子が違う…ので…半顔3

この表参道にかかっている陸橋の上に立ち あたりを眺めてみた半顔6

この道路の先にはたった今降りて来たばかりの原宿駅が有る、、、



表参道2



う~~んっ!…これは道路だからそうは変わらない…

相変わらず車が多いのは昔通りだ半顔3

陸橋の右下には何かのショップが…



表参道



もちろん見覚えはない…

…というか これだけめまぐるしく変化をしている都会で、、、

今更自分に見覚えの有るものが有ろうはずがない…と思うのが正解だ半顔3

時間まで気ままに歩きながら写真でも撮ることにした半顔4

まずは気にかかった貴金属店のウィンドーなし2



時計ショウウィンドー



ガラスが鏡化してしまって店の前の木々が写ってしまい見ずらいけど不思議な面白さが…

次は幅4~5m位有りそうな階段…



階段



両脇に店舗は有れど上には店舗はもちろん住宅が有るわけでも無さそうなのに…

何のための広い階段はてな2

そして次は とても綺麗で華やかなバッグ専門店のショーウィンドー!なし2



バッグショウウィンドー



この下には可愛いピンクの靴が2足ディスプレイしてあった、、、

どこのお嬢様が履くの半顔5…という感じの靴が。。。

そしてそして次は 石垣の様な壁に囲まれたショーウィンドー!なし2



石垣ウィンドー2



中に入りたいけど入れない…ってな感じの守りの堅そうなウィンドー…

…と言うよりも“ ショーケース ”みたいだ
半顔6、、、

いずれにしても 私のお気に入りOK2。。。


そうこうしているうちに横道が出てきたので入ってみる事にした半顔6

入ってすぐの風景なし2



横道



確かこの先ある程度のところまで“歩行者天国”だったような気がする半顔2

(私の記憶は曖昧だから違っているかも…)

表参道とは打って変わってのんびりした雰囲気だ半顔4

チョッと見渡してもカメラを持って気ままに歩くのにはもってこいの場所の様だ半顔

この後は気になるまま…気の赴くままにカメラを向けた

まずは いかにも子供服店らしい子供服店なし2



子供服店



向こう側からみるとこんな感じ…



子供服店2



真っ赤な建物…レストラン…だと思うなし2



店舗



左端の木に大きなブリキのミルクポットの様なものがかかっているから半顔2

(何といい加減な見解…)

長細い切り立った窓の向こうに赤と黄のライトがなし2



店舗2



何の店だか分からないけど チョッと気を引く窓だ半顔4

2Fに店舗が有るらしく階段にディスプレイをして上までアプローチしているなし2



2F店3



普通では不利に思える場所でも ここは天下の原宿…街全体が好立地…と言う事なのかな半顔2

たこ焼きとかき氷の店なし2



たこやき&かき氷



真っ赤なたこ焼きにかき氷が今にも溶けだしそうだった半顔3

(隣に金魚すくいの店とヨーヨーの店が有れば…この一角遠い昔の夏祭り

古びたドラム缶の上に段ボールの看板なし2



看板



“ 温故知新 ”斬新的なリサイクルの世界でとってもいい感じ半顔

これも古い日本の文化“ 手拭 ”の世界を現代にアレンジしているなし2

手拭専門店の2F入口…



手拭店入口



店内には入りずらかったので(買わないから…)失礼ながら入口のガラス越しに撮った半顔3



手拭店



有る意味 手拭を手拭とも思わない近代的なセンスのディスプレイだった半顔

こんな処にショップまーく



極狭店舗



道路の真ん中の安全地帯を店舗にしてしまった様な“ 極狭店舗! ”

驚いた事に階段の下の部分も店舗になっていて2階建だ半顔3

この面白さが私は大好きだ半顔

こんな処で仕事をしてみたいし 住んでみたい半顔6

(おいおい!いくら極狭といえどもここは原宿…住むなんて!そんな資金どこに?…)

ここもコンテナを2個重ねたような店舗で面白いなし2



扇風機



こちらから見ると1F・2F共 扇風機が3機並んでいるだけ半顔5

反対側に廻ってみた…



扇風機2



やっぱり扇風機と幾つかの小型家電…

どこかに人はいるのだろうけど…人の気配は感じられない半顔2

怒られそうだけど 面白いな~~!ここの界隈半顔

なんて思いながら歩いていたら…又また私の気を引くものが半顔6



木製ベンチ


木製の椅子が4個有るのかと思ったら椅子を4連にしたベンチだった半顔4

その横に有る自転車とこの木製のベンチの組み合わせが何故か半顔すご~~く似合ってる…

(ママチャリだったらどうなんだろう?…)

この店舗何屋さん? う~~んっ!洋風レストラン…かな?



洋服屋さん店先2



「 ざんね~~~~んっ! 洋服屋さんでした~~~! 」

「 お店の前の小物が可愛くてきにいりました~~~~!なし2

そろそろ時間切れになると思い元来た道を戻り始めた所でこの店舗なし2

「 落書きが…半顔3



落書き



店先の落書きはお客さんを店内にアプローチするための“ 黄金の落書き ”…だった半顔2

だから…“ 落書き ”ではないのだ…と言う事に遅ればせながら気がついた半顔3

ここで友人から電話が入り気ままな散策フィニッシュなし2

原宿表参道 面白いまーく


又 近いうち来ま~~~す!半顔半顔半顔




夏25


このページのトップへ

★ 朝顔&鳩…記

ほん1

今朝も2階のベランダから聞きなれたいつもの鳩の鳴き声が結構長い間聞こえていたほっぺ6音符3

そっとしておいてあげなくちゃ…と思いつつも手はカメラを握り足は階段を上がっていたほっぺ7汗3

「やっぱり…いる…」と思った瞬間には遠慮なくカメラを向けていたほっぺ3カシャ!んっ2



鳩2



シャッターの音が聞こえるのだろうか?…

一瞬こちらの方をチラッ!っと見たような気がしたほっぺ5涙4

シメシメ…とりあえず思ったより良く撮れたOK2。。。

もうこの鳩がここで卵をうみ雛を育てる事はもちろんあり得ないと思うけど…

鳴き声が聞こえるたびに階段を駆け上る私の行動はいつまで続くのだろう…ほっぺ8 はてな5


…と そんな事を考えながら…

一週間前に遅ればせながら買った宿根性の朝顔の水やりをしていたほっぺ5

サフィーニアと同じくもう終わりの方になってかった苗…

出始めの頃に買って早くのうちに網に這わせてあげていたら…

我が家のグリーンカーテンはもう半ば出来上がっていただろうに…



あさがお3



ずぼらな性格がいつも人より一歩も二歩も遅れるほっぺ8汗3



あさがお2



これからやってくる猛暑に間に合うかどうか分からないけど…ほっぺ3涙4

この宿根性の朝顔は秋まで咲いてくれる品種なので残暑の9月には

立派なグリーンカーテンが出来上がっていると期待しようほっぺ1ちびデコ①

それまで一生懸命 “水やり!水やり!”ほっぺ6音符3


庭の小さな水がめの中ではミニスイレンの葉が成長し布袋草が元気にしているほっぺ6



ミニスイレン



玄関の隅の方ではソテツの葉が新しくなって綺麗な緑をみせているハート3個



ソテツ2



ずぼらな私のガーデニングでも 結構 、、、満足!満足! ほっぺ1はーと73


でも…待ち遠しいな~~~!ほっぺ5



朝顔蔓



この蔓の先が上まで届くのが……ほっぺ8汗3





帯5





このページのトップへ

★ サフィーニア・ムクゲ・セージ

ほん1

花屋さんで売れ残りのサフィーニアの苗を買ったのがかれこれ一週間前め9

毎年一番勢いのいい時に苗を買っていたので今回は少々心配だった目2

とは言え サフィーニアの時期には違いないので…

毎朝水を上げたり いらない部分の枝切りをしたり 一生懸命面倒を見てあげていた目玉6

その甲斐あって 昨日より今日 今日より明日…と言うように花に勢いが出てきた目玉3

私の大好きな大輪のサフィーニアめ9



サフィーニア3




サフィーニア4



白色のサフィーニアも綺麗に咲いてくれた目玉3



さふぃーにあ2




さふぃーにあ3



思ったよりも綺麗に咲いた! ありがとう!目1

そして、ムクゲが今年も咲きはじめため9

白とピンクと薄紫が有るけれど 毎年薄紫のムクゲが最初に咲きはじめる目玉6



ムクゲ2



白は八重咲きのムクゲで 又少し趣が違う目玉6

これは ムクゲの蕾…



ムクゲ蕾3



まだ固いけど たくさん有るので咲いてくるのが楽しみ目玉3ハート

その隣でブルーベリーがたわわに実をつけていため



ブルーベリー実



これも まだ固く青いけど熟すと真っ黒になって指先でつぶすと深~い紫色の果汁が出る目玉6

食べると口の中にブルーベリーの持つ酸味と甘みが広がって爽やかだ目玉6

セージの花もムクゲやブルーベリーの仲間入りをしたそうに花首を伸ばしているめ9



セージ



ただ セージの勢いが強すぎて廻りの植物を飲み込まんばかりで気にかかる目玉5



セージ2



気がかりなのがもう一つ…

使っていないプランターから何やら芽が出てきたと思っているうちにめ8

あっという間にこんなに成長してしまっため



何?



いったい これ何hatena.gif

今の段階で背丈40cm 位有る目玉5

この勢いで行くと1m は超えてくると思う…だから只の草の類ではなさそうだ目玉2

何だか分かるまでこのままにして置いてみよう目玉6

もし草だったとしたら本当に人騒がせな奴だ目玉4汗3。。。。。





             帯7



このページのトップへ

★ 鳩が!オナガが!

ほん1

庭でサフィーニアの花柄摘みをしていたら、、、

二階のベランダで鳩の鳴き声が、、、ほっぺ10

たまに来て例の作りかけの巣で鳴いているのを知っていたけど、、、

近づくと飛んでいってしまうと思いそっとしておいたほっぺ5

でも、今日は階段をそっと駆け上ってベランダに近づいてみたほっぺ5

「 いる!いる! 」、、、そっとカメラを向けたカシャんっ2



鳩



撮れた! でもこちらにはお尻を向けているほっぺ3

我が家に作ったような巣がこの近辺に幾つかあって、、、

そこを行ったり来たりしている様な気がするほっぺ5

この頃少し鳴く声がかすれているけど 結婚のお相手がなかなか見つからないのかもほっぺ8涙4

可哀想に、、、ほっぺ7涙4、、、でも 頑張って!、、、ほっぺ6

途中だった花柄摘みに戻ろうとしたら、、、

今度はキッチンの裏の方で「 チッチッチ! チチチッチ! 」…と

結構騒がしい鳥の鳴き声がほっぺ10、、、

「 これは… 」と思い 慌てて裏口のドアの網戸越しにのぞいてみたほっぺ5

やっぱりそうだ!イチジクの実をたべに鳥が2羽来ていたほっぺ10涙4

ムクドリかオナガドリどちらかと思ってはいたけど今までどちらだか分からなかったほっぺ5

急いでカメラを向けたけど鳩と違い素早く近くの電線に逃げて行ってしまったほっぺ2涙4

それでもめげずに電線に向かってシャッターを切ったカシャ!んっ2




おながどり



何とか撮れた、、、 電柱と重なって分かりずらいけど尻尾の様子がどうもオナガらしいほっぺ6

やっと犯人が分かったOK2

それで つついていたイチジクはと言うと…



イチジク2



その1~2時間後は…



イチジク1



きっと翌朝には綺麗に影も形も無くなっていると思うほっぺ2

そこにイチジクの実が有った事がわからなくなるほどしっかり後始末をしてしまうのだほっぺ8汗3

今度はオナガドリがイチジクをつついている姿をカメラに収めたいほっぺ1 ハート3個




このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。